南十勝夢街道の事業

フォトコンテスト&フォトコンテストカレンダー作成&フォトコンテスト巡回作品展

概要

フォトコンテスト募集チラシ

フォトコンテストの開催や、コンテスト入選作品から作成するカレンダー作成・販売は候補ルート時の平成18年から継続して実施している活動です。
フォトコンテストは、地域の魅力を発信しエリアに訪問して頂く機会を作るため、平成18年より実施しており10年を超える活動です。十勝管内だけではなく管外・道外からも多数の応募があり、フォトコンテストの取り組みが着実に根付いています。
また、フォトコンテストの入賞作品の巡回作品展も毎年開催、フォトコンテストや応募作品掲載のカレンダーの作成は本ルートの景観の素晴らしさを多くの方に知ってもらえる活動となっていることから、継続的に取り組む予定です。
【日  時】 作品募集:毎年、6月20日~9月30日、カレンダー販売:毎年、11月~翌年の1月まで
【場  所】撮影:南十勝夢街道エリア  販売:南十勝夢街道内商工会及び道の駅、札幌市内など
【主  催】十勝シーニックバイウェイ 南十勝夢街道

学校シーニックバイウェイ

概要


学校シーニックバイウェイは、子供達の地域を愛する気持ち、訪れる人を思う気持ちを育むため、子供目線による地域の魅力を地域内外へ積極的に発信することを目的として、平成22年に、幕別町立忠類小学校5年生を対象に開始し、現在も中札内村の小学校を中心に毎年実施しています。
2017度は、中札内小学校、上中札内小学校の6年生34名を対象に授業を実施しました。
【日  時】毎年秋ごろ実施
【場  所】十勝シーニックバイウェイ 南十勝夢街道エリアの小学校対象
【主  催】十勝シーニックバイウェイ 南十勝夢街道

シーニックカフェ

概要

シーニックカフェは、「北海道の美しい景観を、安全、快適に楽しむことができる『場』と『飲食』を提供していること」または、「北海道の美しい景観に関する情報やドライブ観光情報等の発信を行っている『場』と『飲食』を提供していること」が登録要件になっている取り組みです。南十勝では先進的な取り組みとして「シーニックカフェちゅうるい」が代表的な場所となっているほか、現在、5つのシーニックカフェが登録されており、毎年、道内外の観光客や地元住民等、多くの方々が訪れています。
【開催期間】 主に夏から秋にかけて。通年実施の施設もあります。
【シーニックカフェ】ちゅうるい(幕別町忠類共栄牧場)、広尾(大丸山森林公園サンタの家内)
原生花園(大樹町晩成温泉)、湖水地方カフェ、道の駅さらべつ内

シーニックカフェスタンプラリー

概要

ルート内のシーニックカフェを楽しみながらめぐっていただくと共に、訪れた方へ南十勝夢街道の景観の素晴らしさや、ルート内の魅力を知っていただくため、平成26年度からルート独自で実施しています。
【実施内容】ルート内のシーニックカフェの施設にラリー台紙およびスタンプを設置し、参加者は3施設
全てでスタンプを押印し、カフェ店員に提出することで応募となる。応募者全員に南十勝夢街道フォトコンテストカレンダーを送付。
【開催期間】平成29年7月22日(土)~9月30日(土)*平成29年度実績
【参加施設】シーニックカフェ 3施設
道の駅さらべつ 観光と物産の館「ピポパ」[自治体/更別村]、ちゅうるい(忠類共栄牧場内)[自治体/幕別町忠類]、広尾(ひろおサンタランド内)[自治体/広尾町]
【主  催】十勝シーニックバイウェイ 南十勝夢街道

人と未来をつなぐ100年の木プロジェクト

概要

北海道観光の道しるべとなる”サインツリー”を、地域が一体となって旭川~十勝間の幹線道路沿道に植え、訪れる人々に、地域の要所、景観の優れた(シーニック)箇所、並木、花壇や庭園(ガーデン)を案内し、おもてなしを行うという、十勝シーニックバイウェイの3ルート、大雪・富良野ルート、ガーデン街道が連携して実施している取り組み。今年度植樹祭を実施し、各ルートにサインツリーを植樹しました。後世に残る新しい景観を創出することで、他地域との交流人口拡大も期待できます。
【日  時】平成24年度から継続中(現在は、維持管理を主体に実施)
【場  所】十勝シーニックバイウェイの3ルートおよび大雪・富良野ルートのエリア内
【主  催】シーニックバイウェイ&ガーデン街道 美しい北海道景観を育てる会
【参加人数】3ルートおよび関係機関など